DHAが悪玉コレステロール値を下げるのに有効な理由

 

コレステロールはその存在自体が体に悪いと勘違いされてしまいがちですが、実は細胞膜の構成物質として体内には絶対に欠かせないものです。

 

コレステロールには悪玉コレステロールと善玉コレステロールの2種類ありますが、悪玉コレステロールは増えすぎると、酸化を起こして血管の壁に付着し、動脈硬化に繋がります。

 

 

動脈硬化が進行すると、心筋梗塞や脳梗塞、心臓病といった重大な病気にかかりやすくなってしまうので、悪玉コレステロール増えすぎには注意が必要なのです。

 

悪玉コレステロール値を正常にするDHAの働き

 

そのリスクを減らしてくれるのが、悪玉コレステロール値を下げる働きのあるDHAです。
コレステロールは肝臓で作られ、中性脂肪とくっついて血中に放出されます。
その後、血中で流れる少しずつ分離するのです。

 

DHAは体内に入ると肝臓内で中性脂肪の合成を抑える働きがあるので、その結果、血中に放出される中性脂肪とコレステロールの放出量が減ります。

 

 

またDHAは赤血球の柔軟性を高め、血液の流れをよくする働きがあります。

 

そうすると毛細血管まで血液がスムーズに流れてコレステロールが使われやすくなるので、血中コレステロールを減少させることができるのです。

 

 

またDHAは悪玉コレステロールを減らすだけではなく、血管壁に貼りついた悪玉コレステロールの塊を回収して、肝臓に戻す役割のある善玉コレステロールを増やす働きがあるのです。

 

こうしたダブルの作用で、悪玉コレステロールの減少に効果を発揮します。

 

>>トップページへ戻る